単細胞アニマルや多細胞アニマルなどについて勉強した

細胞について勉強をしました。タマネギの根を用いて、体細胞解体と分化について観察してみましょう。一方、限られた場所に解体仕組を有する植物と異なり、鳥獣カラダでは体細胞解体を増やす細胞が各種仕組にあります。そして、自身増加した細胞は、特定の活動やスタイルを有するように分化していきます。また、老化した細胞が仕組から放棄し、分化した細胞が継続的に変わるような場合もあります。老化した細胞は、仕組からはがれ落ちていきます。これまで、命営みの下地単位である細胞について学んできました。ここでは、単細胞生き物や多細胞生き物のからだのつくりについて考えます。個体が1つの細胞でできている単細胞生き物では、独立して生活するのに役に立つ細胞小器官を発達させているものがあります。例えば、池や沼などに済むゾウリムシは、海中を泳ぐために繊毛が発達している。このようなことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったなと思いました。http://www.proudcloud.co/