S・KとT・Mの連絡〜理想・Nへの鬱屈をボールに乗せて〜

「T・M、先五球でボクとチェンジ。こういう剛腕児、どうにかして」
「ヘイヘイ」
 S・Kは一度火が付くと何となく止まらない出来らしき。
「S・K、廃止。マサとチェンジ」
 ボクはグローブを外してT・Mに引き取りた。左側は真っ赤に腫れ上がっていた。
「アイツの球は平凡じゃない。最初球最初球眼を逸らすな」
 ボクが助言するも、T・Mは近くでその球速を体感していたせいでプレッシャーから全くと顔付きが強張って掛かる。
「私の際より感覚じわじわ投げてあげてね」
 ボクは呼ぶように言った。
 S・Kはグラブを高所にかざしている。通じただろうか。
 S・Kは球速を切り詰めるも、どうしてもT・Mの見落としが際立つ。
「T・M、右も使ったほうがいいよ」
「うるせーな。分かってるよ、そのぐらい」
 まずT・Mはは負けず嫌いだった。
「T・M。勉強はどうしてよ?俺達は最近、農作業でくたびれ果てたよ」
「勉強はスムーズです。畑は、すでに慣れたか?」
 普通、抱腹絶倒敬語ばかり使っているS・Kのタメ口には違和感があった。そう言えばこういう二人、同い年だったか。
 ボクには、二人が仲良くやってくれているのは喜ばしい誤算でもあった。こんな微笑ましい伝達は日没まで続いた。http://werehot.biz/